愛する家族とドライブを!酔い止めにはセレニアがオススメ!

セレニアの詳細

犬用の吐き気止め、酔い止め薬として日常的に使用されていたのはメトクロプラミドを想定しがちです。
これで抑制できない場合にはオンダンセトロン等の薬剤も投与可能ですがたいへんに高価であるために現実的な選択肢になり得ません。
そこで、クエン酸マロピタントを主成分とするセレニアが米国の製薬会社ファイザー社によって開発されました。セレニアの開発目的は犬用に嘔吐の抑制と乗り物酔いの予防です。
この薬剤は米国の食品医薬品局(FDA)の認可を受けたものです。優れているのは即効性、持続性であり、高い有効性を誇ります。
最大で常用5倍量の投与する試験で安全性が確かめられました。臨床的には、この薬剤は速やかに吸収され、投与されて1時間後、1日に1回の投与で効力を著しく発揮することが確かめられています。

嘔吐を治療しているとき、食欲がないとき、投薬の負担が少なくて済みます。
急性の嘔吐を抑止し予防する目的では、犬の体重1キログラム当たり1回に2ミリグラムを最大で5回まで経口で投与します。
予防を目的にする場合には1時間前までに投与するものとします。

酔い止めと嘔吐の酔い止めと嘔吐の抑止目的では、乗り物の移動1時間前までに犬の体重1キログラム当たりマクロピタントとして8ミリグラムを1回に1口、最大2日間で経口投与をします。
1時間前までに犬の体重1キログラム当たりマクロピタントとして8ミリグラムを1回に1口、最大2日間で経口投与をします。
この薬剤は生後16週間以降の犬で体重が2キロを超える場合に投与することができます。また、この薬剤は、以下の疾患が原因による嘔吐の抑制と乗り物酔いの予防に効力を発揮します。
胃腸の疾患や腎機能の障害、抗がん剤による副作用、膵炎、肝臓機能障害、糖尿病、脳の疾患、等です。

錠剤様の作用機序は、有効成分マロピタントはニューロキシン1受容体とサブスタンスPの結合することを阻害することで嘔吐を抑制することができます。
補足的に成分・分量を述べてみると、この薬剤の1バイアル20ミリリットル内にマロピタントとして200ミリグラムが含まれています。
この薬剤を個人輸入するには獣医の診察や処方がない場合であっても、個人での使用の場合のみ規定量の個人輸入が許可されています。
個人輸入した場合に第三者に販売・譲渡をすると罰せられます。この薬剤を入手する場合には、通販・購入サービスを介して申し込むことをお勧めいたします。
法律によって罰せられることがありますので、通販・購入サービスを利用する際に注意が必要なのは言うまでもありません。

メニュー